きらめくあしたの話

きらめくあしたが解散してしまいました。中川さんはお笑い芸人をお辞めになるそうです。きらめくあしたが、解散してしまいました。きらめくあしたが!解散してしまいました!!!!ライブにたくさん行くとか、出待ちをしてたくさんの差し入れを渡すとか、そんなことは全然していませんでしたので、今さら何か言うのは烏滸がましいという気持ちは抱えたままに、わたしはきらめくあしたの漫才が好きだったという一点については間違いのないことなので、少しだけきらめくあしたの話をしておきたいと思います。

 

最初に見たのは、きらめくあしたとキズマシーンが揃ってケイダッシュのライブに出ていた時か、それにかなり近い時期だったと思います。ちょうど2年前くらい。そこからもうずっと好印象です。去年やってたキズマシーン主催の新ネタバトルライブ『一等賞になりたいの』というやつに結構行っていたので、そのイメージが結構強いような気もしますね、芸人さんは大変だったと思いますが、楽しいライブでしたあれは。これを書くにあたって過去の記事を軽く調べて見たのですが、このブログにもたびたび名前が登場していて、なんか、好きだったんだなあと実感したりしてみました。

 

ラストライブはバティオスで。座って待ってたら第2回の単独のことを思い出して、もう胸がざわざわしてしまっていたのですが、オープニングの映像で普通に泣いてしまいました。お笑いのライブなのに!あんなの泣いちゃうよ、ずるすぎ。映像からつながるような形できらめくあしたのおふたりが出て来たとき、あちこちから聞こえる小さなすすり泣きをかき消すように、盛大な拍手が聞こえて来て、あとはただ、ずっと面白かったです。

 

前半は「ワンワン」の頃の衣装で長尺の漫才を。ワンワン!のあとのアレをまとめた楽しいやつから始まって、ずっと面白かったです。もうすでにちゃんと思い出せないし、いい加減な話なんだけど、なんか前半の漫才で、たぶん映画に関するネタの中原さんのツッコミが、本当にあまりにもあまりにも面白すぎたんですよ。うわ、これは!面白すぎる!また見なきゃ!と思った瞬間、ラストライブだってことをちゃんと自覚して、まじでやめないでくださいよ、、、、って思ってしまいました。やめないで、なんて、そんなことを言うのは絶対間違っていると思ってたのに!一番最後のネタも大好きなやつで、終わって振り向いた瞬間の犬が本当に最高でした。やった〜!

 

トークコーナーでは中川さんの思い出のランキングを。第5位にあった24時間ライブ、私も見てたんですよそういえば。上で書いた一番最後のネタと同じ、2人が入れ替わって、中川さんが中原さんの真似をするってネタ。ほんとうにフラフラになってて、それが異常な面白さだったんですよね………。なんかもう。その時の写真を探してみたら、きらめくあしたの2人が完全に俯いてるだけでした。お疲れさまでした…。

 

第2回の単独以降の新しい衣装で。この衣装本当にかっこよくて素敵でしたよね、体型とかにも合ってるし、華やかでシュッとしてて!こちらも最初は掴みの総まとめでした。女PTA会長が似合いすぎていました。女の子が出てくるネタをたくさん(6本?)やっていたと思うのですが、もうずっと最高でした。本当に平和で幸せで、それでいて面白いので。順番わからないんですが、参観日、昔の女に再会、晩酌デート、看病あたりは本当に大好きなネタだったので、面白くて、嬉しくて、もう二度と見れないってことを考えないようにしながらたくさん笑いました。

 

ネタが終わって、過去の写真がたくさん並んだエンドロールからのエンディング。写真、めちゃくちゃよかったなあ。私が知らない頃を含めてのきらめくあしたの変遷を見れて楽しかったです。中川さんが意外と随分いろんな髪型してました。どこかでエンディングだけでもまた見たいですね、きっと見れないんでしょうけど。最後のおふたりのトーク、感極まった中川さんの涙に隠された気持ちはもちろんすべて知ることはできませんが、それにやさしくツッコミを入れつつ進行する中原さんがとても素敵でした。壁には芸人仲間からのメッセージが貼られていたのですが、ペロッと剥がれてしまっていて、それを見て笑ったりして。とにかくずっと幸せな時間でした。

 

いろんな解散や引退の仕方があると思うし、(犯罪とか不祥事を除いては)どれも間違っているということはないと思いますが、きらめくあしたの終わり方は、応援していたみんな、少なくとも私にとっては本当に幸せなものでした。たくさんの芸人さんも見に来ていて、あちこちから声をかけられて、集合写真を撮って朝まで打ち上げをして。分かんないけど人間があんな死に方をしたら、本当に幸せだろうなあ、なんてことを思いました。

 

毎年いろんな芸人さんが解散したり、引退したりしていますが、ちゃんと何度も見に行っていた人が解散する、というのはほとんど初めての経験だったのですが、これは、なかなか、難しいですねやっぱり。うまく言えないことがたくさんあります。もっと見に行けていたら、とか、そんなことも考え出したらキリがないですし。きらめくあしたをもう見ることができないこと、あったはずの未来の可能性のひとつがなくなってしまったことは確かに悲しいのですが、たくさん笑わせてもらった事実はなくならないので、感謝の気持ちでいっぱいです。素晴らしいコンビ名ですね、きらめくあした。ここに来て、一層の良さ。おふたりのそれぞれの幸せを祈っています。お疲れさまでした。ありがとうございました。