しぶロフ寄席に行った日の日記

日記です。お笑いの話が少ないです。エモい文体で仕上げてみたりしました。すぐ消すかもしれないです。

 

これは昨日の話だけど、連休明けで多くの人が現実に引き戻されようとしている5月の1週目の日曜の夜、誰にでもできそうな仕事のあと、楽しすぎるお笑いライブに出かけ、ようやくの休日に向けて気持ちを高めていた。私は久々に機嫌が良かった。もう外で酒が飲める季節になっている。ファミマで安い発泡酒と大学生の女しか飲まなそうなチューハイを買う。甘いお酒は別に好きじゃないのに浮かれてるね。くたびれたスーツ姿の男がタバコを吸っている。すみませんね、私明日がお休みで、と思いながら、路地に入ったところで我慢できずにバシュっと開ける。飲みながら歩き出す。大半の大人が明日に絶望している中、私はニヤニヤと笑いながら、外で酒を飲んでいる。勝ち。私は勝ち。一年に一度くらい、このくらいの優越感は許してほしい。そんな勢いで、しぶロフ寄席の取り置きを頼んだ。

  

今朝は酒を飲んだせいか早めに目が覚めて、今日という日は絶対に楽しくしたいという強い意志で二度寝をやめて洗濯機のスイッチを入れた。寝不足感ははっきりあったし、今にも雨が降りそうではあったけど、昨日勝った私は今日も勝ち越したい。そのために朝から並々とお湯を溜めてお風呂に入ってみたりもした。カネコアヤノの新しいアルバムを聴きながら、乾きそうもないのに洗濯を干して、皿を洗って、隣家から遠慮なく伸びてくる蔦に群がるアブラムシを眺めたりもした。こんなのは実際全部序章で、私には今日はしぶロフ寄席に行くという、最高が待っているのだ。

 

渋谷は好きではない。私がいるべき街ではないから。新宿の方がずっと好き。あそこは誰の街でもないから。でもしぶロフ寄席の会場は渋谷Loft9だ、そりゃ渋谷に行かなきゃだ、そんな渋谷に行こうと思えるくらいに魅力的なライブだと私は思ったんだよな。

 

阿佐ヶ谷ロフトとかでトークライブこそ見たことがあるけど、お酒を飲みながらネタのライブを見るのはほとんど初めてだったかもしれない。びっくりしたんだけど、お笑いを見て飲むお酒は本当に美味しい。酒に合う芸人さんが多かったかもしれない。

 

街裏ぴんくさんのキュレートが本当に秀逸で、ずっと楽しすぎて、幸せな時間だった。今まで行ったお笑いライブの中で、何度かだけ経験している、全員が貪欲に、絶対に笑って帰りたいという気概に満ちた空気、みたいなものがあった気がする。もしかしたら単に私がそう思っていただけかもしれないけど。とにかく楽しかった。すごかった。最後に頼んだマリブコークの独特の甘みが、電車に乗ってる今も舌に残っている、それと同じくらい、頭の中で面白さが反芻されてる。

 

かもめんたるは生で見たのが初めてだったけど、やっぱり本当にすごかった。えぐみと愛の重すぎるフックを両側から食らってるような感覚。ずっと気持ち悪いのに、きゅん、とする瞬間も確実にあって、全編通して結局面白すぎて、どうしたらいいんだ、、と思わされた。

 

キュウとカナメストーンはこの中では割と見ている方ではあったけど、改めて本当に面白かった。キュウの今日のネタは初めて見たんだけど、極まってたしオチがおしゃれすぎた。「もうええやん」のイメージがあるから余計に。カナメストーンはもうむちゃくちゃに笑っちゃうな、ワードが強すぎる。山口さんが怖すぎるしさ。ヒコロヒーさんも見たことないネタで、本当に嬉しくなっちゃった。あんなのずるい、ヒコロヒーさんしかできない面白すぎる。あとはミリガンさんが津軽弁でとんでもない下ネタを言って、それが通じないのが面白いやつなのに、私は普通に翻訳できてしまって変なところで笑っちゃったりとかした。

 

そしてぴんくさん、なんだか拝見するのが久々になってしまったんだけど、本当に最高だった。ネタはエミとのデートの話なんだけど、あのネタをこのライブで、芸人さんのギャラリーがたくさんいる中でやってのける素晴らしさ。痺れ、街裏ぴんくの痺れをまた味わいまくってしまったな。

 

本当に全組全員が面白かった。今は書き終えたい気持ちが先行して指が上滑っているくらいの勢いだけど、出演していた全員に面白かったですと直接伝えて回りたいような気持ちになった。それが何になるというわけでもないし、このブログだって本当になんでもないんだけど、面白かったときには大きな声で、面白かったと言いたくなるね。

 

こういう日が時々あるからこそ、私は生き延びていける、睡眠とか栄養だけでは足りないね、明日からも頑張ろうね。