読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「海に行くつもりじゃなかった」と今日の話

3/5

海に行くつもりじゃなかった

@せたがや がやがや館

出演:フランスピアノなかがわりょう、レッドブルつばさ

 

 

今日はなんかちょっと、小金を稼ごうかなと思って、初めて派遣のバイトに行ったんですよ。住宅展示場の看板を持って、交差点の隅に座り続けるだけというバイトです。基本は自由で、ゲームをしたり文章を書いたりYouTubeを漁ったりしていただけなのでほとんど家にいるのと変わらなかったんですが、流石に途中飽きてしまったので、休憩中に本を買いに行きました。重松清の「疾走」です。これが割と内容としてはハードなやつだったので、なんというか、知らない街で、椅子に座って、自分は一体何やってるんだろう何のために生きているんだろうみたいな感じになってしまい、幸い考える時間だけはたくさんあったのでいろいろ思いを巡らせていたら、帰る頃にはよろよろでした。(作品自体は非常に良いです、ご興味あればぜひお読みください。)

 

しかも、そのバイトが終わったあたりでスマホの充電が切れてしまって、会場への全然行き方が分からなくなってしまうというハプニングが。充電器買ってどうにかこうにか行けたんですけどね、せっかくちょっと稼いだのに。ねえ。

がやがや館は池尻大橋にある公民館的な施設です。私の中で池尻大橋といえば、何年か前に仕事で行ったときに、マクドナルドでかなり良いお値段のするペンをなくしたことと、直近の彼氏に振られる直前に、彼が何かにつけて出かけていたという諸々の疑惑がある街なので、良いイメージではないというのが正直なところです。とはいえ、がやがや館自体は綺麗でスクリーンも大きくて音響もちゃんとしてて、かなり良い感じでした!気になるのは靴脱がなきゃいけないことだけですね!今後行かれる方はぜひ綺麗な靴下をご用意されると良いかと思います。私のように、穴の空いたタイツを、つま先だから見えないだろと思って気にせず履いているとこういうときに後悔しますから。

 

そもそも「海に行くつもりじゃなかった」なのですが、お笑い畜生道でフランスピアノがめちゃめちゃ面白いなと思ったのと、レッドブルつばささんが「魔法瓶」でやってたネタが好きだったので、見に行こうと思ったやつです。それ以外は全然見たことないのにトークライブとかに行くのは若干攻めすぎてるなあと思ったんですけど、結論から言いますと完全に行ってよかったです。あの方々のトークライブ、良いですね。面白かったです。いやほんとに無料でいいんかいと思いました。

 

まずは「やるって言った時点でボケてるから、そこで半分終わったようなもの」という話から。言われてみたらトークライブってね!有名な芸人さんがやってるイメージありますもんねやっぱ!そこからのフリートークではなかがわさんの普段の過ごし方、つばささんのマラソンの話、それぞれの学生時代のエピソードなんかをいろいろと。つばささんの給食の不思議が本当に好きでした。ソースカツ丼とワインゼリー。あとなかがわさんの漫画の話とかレポートの話も良かったなあ。それぞれ素敵な学生時代をお過ごしだったようです。せっかくだから出会ってからの話もいろいろ聞いてみたいなあと思いました!

 

その後は街大喜利ですね。街。街が答える大喜利です。今回の回答者は経堂でした。東大の入試問題のやつとか「君の名は。」とかの答えがめちゃめちゃ好きでしたねー!他の街のも見てみたいです!

 

その後は、まだ一応アマチュア芸人であるレッドブルつばささんが「芸人になる前にやっておきたいこと」として、嫌いなCMの紹介をしてました。ここが一番激しく笑った気がします。確かに、分かる分かる…ってなりました。

 

次の企画がブックオフバトル。それぞれブックオフで「一番おもしろそうな本」と「一番つまらなそうな本」を探してきて、勝負するというやつです。おもしろい本、先攻のつばささんは「Mr.HAPPY」でした。えぐいほどの幸せが溢れてましたね…。なかがわさんは「写真で学ぶ 合気道」、まあおもしろかったです。写真も、構成も。こちらはなかがわさんの勝利でした。つまらなそうな本は作者の名誉のためにタイトルは控えさせていただくんですけど、なかがわさんが持ってきたやつ、この世にあって良いとは思えないくらいつまらない本でした。子どもを舐めすぎている。

 

最後は他所ではできないくらい弱い話をいくつか。絶妙な弱さでしたねほんと。小ネタとはいえあんなに数多くエピソード聞けることはないのでとても楽しかったです。靴。

 

そんな感じで、2時間弱のライブでした。たくさん笑いました。楽しかったです。今日は、件のバイトやら何やらで割としっかり気分が落ち込んでいたので、正直やっぱり帰ろうかなとか、行っても笑えるか微妙だな、というような気持ちもあったんですよ。でもいざ始まってみたらアホほど楽しくて、たくさん笑って、帰る頃にはすっかり元気になってました。幸せを感じましたねほんと。お笑いに生かされているなあと思いました。

まあ個人的には、「人生に無駄なことなんてない、あらゆることに意味がある」というのも、「結局生きている意味なんてない」というのも、両方等しく真実だと考えているので、「お笑い」という文化ひとつをとっても、人生の救いになることも、生産性や意義のない娯楽であり続けることもどっちもその通りだと思ってます。だから良いんですよほんと、細かいことは。ただ普通に、「面白いから、笑える」やつって良いよねというだけで。ただ今日は本当に、良いライブを作ってくださってありがとうという気持ちになりました。

 

レッドブルつばささんはこの4月から正式にプロの芸人さんとして活動されるそうで、ぜひご活躍してほしいなと思いました!ピンなのかなコンビなのかな?どんなネタやるのかな??フランスピアノもケープロのライブとかラスタとか出ているみたいなので、また行けるやつは行きたいなと思いました!そんな感じです!次回に期待!

 

写真は今日の現場に向かう途中で見つけた椿です。

f:id:mygrff:20170306012921j:image