読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかの誰かに届いてほしい、大したことのない話

好きだな、と思ったら、その人のこと、いろいろ知りたくなっちゃいますよね。ネットストーキングって犯罪5秒前みたいなことになりがちなので気をつけましょうね、でも知りたくなっちゃいますよね、誕生日とか血液型もそうですけど、学生時代のエピソードとか、恋人はいるのかとか、いろいろ、知りたくなっちゃいますよね。分かります。

 

いつも「首を長くして聴いてる」をご覧の皆さん、ありがとうございます。アクセス分析とかやり方がよく分からなくてちゃんとできていないのですが、「サツマカワRPG」「ステレオパンダ」とか、そのほかまだメディアには多く出ていない芸人さんやバンドの名前をあれこれと検索し尽くした結果、このブログにたどり着いた方も少なくないのではないでしょうか。そういう方が私のブログを読んで、何かしらの満足感みたいなものを得て帰ってくださることが何より嬉しいです。ありがとうございました。

 

 ====

私もお笑いのライブに行き始めた頃から、面白かったなと思った芸人さんがいたら、Twitterでいろいろ検察かけたり、ブログを少し遡って読んでみたりしていました。でもライブシーンの芸人さんの昔の情報って、思ったほど、あんまり、見つからないんですよね。Twitterって意外と検索難しかったりするし。

小ネタですけど、Twitterの検索、除外と完全一致を覚えてるだけでいろいろ捗りますよ。除外は単語の前に「-」つけるだけ、完全一致は「" "」で囲むだけです。この辺はこのまとめ見てください。

 

 

そんな、知りたい欲がムンムンの時にGoogleで検索してみたら、過去の誰かが書いていてくれたライブレポートが見つかって、なんとなく当時のライブの気配みたいなものを感じられて嬉しくなった、みたいなことがありました。その節は本当にありがとうございました。

 

そういう経験もあって、このブログのライブレポート、8割は自分がライブに行ったのときの感覚を少しでも覚えておきたいから書いているものですが、あとの2割は未来の誰かが、ある芸人さんのファンになったときに、昔の何かを知りたいという気持ちに応えられればいいなという思いから書いています。以前も書きましたが、詳しいことは分からないし、基本なんでも面白く感じてしまうし、私の主観で書いているもので、あくまでも「私の感想」でしかないので、そのへんはご了承いただけたら嬉しいです。

 

 

なんとなくの感覚ですが、メディアが扱う文字数が少なくなればなるほど、その言葉は良くも悪くも、人の心に近いものになっていく気がしています。良いことも悪いことも、それほど考えず思ったままに「呟ける」からこそ、鋭さや他者への配慮のなさに苦しさみたいなものを感じてしまうときがありますね。つぶやきなので、全然それで構わないのですが。その点、ブログは、それなりに考えたり推敲しながら書くものですから、多少の安心感を持って読めることが多いような気がします。どちらかと言えば古いツールなのかもしれませんが、私は割と好きですね。

 

そういうわけで、引き続き、よろしくどうぞ。おすすめのゲーム実況貼っておきますね、きらめくあした中原さんは可愛くて、ゲームが下手で、でも可愛いです。