読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久富奈良、という人、気になる。

スネアとハイハットの音が好き。特に、硬め高めで重くないのがめちゃくそに好き。 

専門家じゃないし良いスピーカーも持ってないし、そんな中でこれは!っていう音を届けてくれるドラマーを探すのはとても難しいのだけど、最近サンクラをフラフラしてたら見つけたのがこの曲。
 
 
==== 
最初のギターも耳に残って良いんだけど、ボーカルの高めかつまろやかめな声も良いんだけど、今回はドラムの話をさせてください。開始30秒で、お?なんかこのドラム気持ち良さげ!ってなるから。Bメロ直前の一拍でお??これは来るな??ってなるから。で、実際に来るから安心してにやにやしちゃうから。
 
 
後半のギターソロも、その背後のドラムのシャカシャカが邪魔しないのに耳に残って結果として満足度がすごい。
 
最後のホワホワんところはドラムいなくなるしけっこう引っ張るなあ…とかちょっと思っちゃうのだけど、それでも聴き終わるとつい最初に戻ってまた聞いちゃう。最初と最後の雰囲気の違いがまた良いよね。ライブやアルバムで次の曲にどう繋ぐのか気になるところ。
 
そんな気になるバンド、Gateballersのドラマーが、久富奈良さん。くどみ、と読むらしい。珍しいなと思ったら沖縄の方なんだって。Gateballers に加入したのは2015年7月からで、ナツノムジナってバンドでも活動されてるそうです。
 
だから、検索した、聴いた。ナツノムジナ。
やっぱり良い!うまい!イントロで確信した。この曲だと特にドラムが聞かせる場面が多くてにやつく。
こっちのサビ前のフィルインからのハイハットパカパカもぐっとくる。私がパカパカさせるの好きなだけかもしれんけどな。
 
曲の感じとしてはナツノムジナの方が私は好きなのが多いかな。
でも全然違うところにいるから比べなくても良い、どっちも素敵なバンド。